柑橘系で物足りなさをカバー!手羽元の塩レモン唐揚げ♪

こんにちは、ジェイネットストア広報担当のMです♪

年を重ねると何かと気になる食べ物の塩分。しかし、毎日を楽しく過ごすためにも、好きなものは気兼ねなく食べておきたいところですよね。

 

本日紹介するレシピは「手羽元の塩レモン唐揚げ」減塩ながら柑橘系のレモンを使った美味しい唐揚げです!

 

手羽元の塩レモン唐揚げの作り方は以下の通りです。

 

【材料】

 

手羽元     可食部 175g

塩胡椒 少々

酒 50g

塩レモン 10g

醤油 10g

摩り下ろしにんにく 8g

摩り下ろししょうが 8g

小麦粉     15g

サラダ油 適量

 

【調理手順】

 

  1. 手羽元に包丁を入れ、塩胡椒をふり酒につけます。

 

  1. <ここがポイント>手羽元の皮の部分にワックスを使っていない国産レモンをかけます。レモンを容器に入れたら塩と一緒に漬け込み。数日置いて容器の底に溜まった液体をタレのベースにします。

 

  1. 塩レモン、醤油、おろしにんにく、おろししょうがを手羽先に揉み込み下味をつけます。

 

  1. 冷蔵庫で約1時間寝かせ、薄く小麦粉をふり熱したサラダ油で揚げます

 

  1. 油のはねる音が小さくなったら手羽元を出し、油の温度を上げます

 

  1. 再度手羽先をフライパンに戻し二度揚げします

 

7.一度目は低温で中まで火を通し、二度目は高温でカラリと揚げたら完成です

 

【カロリー】

668kcal

 

【調理時間】

 

75分(塩レモンを作る時間は含まず)

 

【管理栄養士 小泉朋代からのコメント】

 

血圧が高めの方は減塩を意識したいところ。柑橘類や香味野菜を取り入れることは、減塩のテクニックの一つです。今回はレモンを使いましたが料理のアレンジを楽しみながら、美味しく減塩に取り組んでいきたいですね。

 

レモンを塩に漬け込んでおくだけで出来る塩レモンは揚げ物や焼き物に相性抜群の万能調味料!減塩の物足りなさも補ってくれるので、冷蔵庫の中に常備しておくのも良いと思います。