東大生が実践していた勉強法の秘密とは

ジェイネットストア、サポートセンターの前田です。

昨日お話しした、「習慣化」を身に付けるにはどうしたらいいか。

それは、、、

・集中力を身につける
・目標設定を一緒にしてあげる

これだけです。

「これだけ!?」って声が聞こえてきそうですが、この2つ、本当に大事なのです。
集中力が身につくことで意欲的に勉強に取り組むことができ、成績アップに繋がります。目標を持つことで意欲的に物事に取り組むことができ、 より一層集中力が増します。

「そんなのわかっているけどなかなか出来ないんだけど・・・」

子供は頭ごなしに強制してもなかなか納得してくれません。
勉強などはその典型です。

ではどうしたら集中力が身につくのか、それは集中力が身につく環境を作ってあげればいいのです。
机に座りたくなる環境です。

勉強はしたくないけど、本なら読める。
それは好きな図鑑でも構いません。

まずは「30分机に座る」癖をつけてあげることが大切です。
絵が好きな子は絵をかく、折り紙が好きな子は折り紙を折る。
なんでも構わないので机に座って何かに集中する癖をつけてあげることが大切なのです。

毎日少しづつでも構いません。

初めは15分でも20分でも構わないので、子供が好きな事、興味のある事に集中できる環境を自然と作ってあげて下さい。

できればお母さん、お父さんの目の届くリビングや、ダイニングが理想的です。

子供はお母さん、お父さんの空気を感じるだけで安心します。
聞きたいこともすぐに聞けるという事も大切です。
是非今日から実践してみて下さい。

そして、目標設定を一緒にしてあげる!
この目標設定をする癖を子供のころから身につけることが、人生で一番大切な事と言っても過言ではないくらい、この「目標設定」にはものすごいパワーがあります。

明日はこの「目標設定」についてお話しさせて頂きます。