「目標設定」で子供は変わる!

「ジェイネットストア」サポートセンターの前田です。
今日は昨日の続きで「目標設定」の大切さについてお話しさせて頂きます。

私たちは普段何気ない行動の中で、目標設定をしています。会社に行くという行動一つ取っても、9時につくためには7時に起きて、 何時の電車に乗ってなどという風に、無意識のうちに目標を達成するために行動をしています。

気付かないうちに、毎日小さな成功をしているのです。「9時につく」という目標を立て、それを達成する。どうですか、これって成功体験ではありませんか? この小さな成功体験の積み重ねが大きな成功に繋がっているのです。

子供のうちからこの小さな成功体験をたくさん積んだ子は将来大きな成功を手に入れる可能性が飛躍的にあがることがわかっています。

「無意識の成功と意識しての成功の違い」

子供は毎日学校に行きます。例えば7時50分までにつくためには何時に家を出る。そのために何時までにご飯を食べる。お母さんも子供も普段あまり意識していないと思います。

これを子供と目標を共有した場合、 「明日学校に7時50分までにつくようにするためには7時30分には家を出ようね」と約束したとします。それが達成されたときは子供もお母さんも小さな「達成感」が生まれます。

子供は達成感の数だけ自信を持ち、前向きになっていきます。大人でも仕事をやり終えた達成感が、 社会人としての成長のエネルギーになってきますよね。

「何かを達成したらほめてあげよう!」

大人でも「この仕事をいつまでにやる」と目標を決め、達成した後に上司に褒められると嬉しくなりますよね。子供はお父さん、お母さんに褒められるのが一番うれしいのです。

立てた目標を達成したら、思いっきり褒めてあげましょう。 そして自信を付けさせてあげて下さい。

「失敗は誰にでもあります」

子供が建てた目標が失敗しても怒らないであげて下さい。人は失敗しながら成長していきます。世の中に失敗しないで成功した人は一人もいません。

大切なのは失敗を怖がってバットを振らなくなることです。失敗の原因を一緒に探してあげて、 三振してもいいから思いっきりバットを振ってこいと背中を押してあげてください。

「目標設定はまず一歩づつ」


目標設定は大切ですが、最初からあまりハードルを上げ過ぎないことも大事です。勉強もスポーツもいきなり上達はしません。

リフティングが出来ない子供には、まず5回、できたら10回と一歩ずつが大切です。 目の前の小さな目標を達成させてあげれば子供はどんどん自信を持ち、前向きになります。

あたたかく見守ってあげて下さい。そして、達成したらほめてあげましょう!

目標設定は子供が成長していく過程の中で、とても大切な栄養です。 そして設定した目標を達成するための子供たちは一生懸命集中して努力していきます。

私たちの商品はお子様の身体的な成長と健康をサポートするための商品です。

子供たちの精神的な成長はお父さん、お母さんと一緒に育まれていきます。
子供の身長を伸ばしていくためには、この精神的な成長がとても重要です。

私たちも陰ながら応援させて頂きますので、今商品を使ってないという方でも、お子さんの成長の事で聞きたいことがあればいつでもご連絡ください。これからも私たちは一人でも多くのお子様の健康と成長にお役に立てればと思っています。