日本人トップアスリートの収入格差

「ジェイネットストア」サポートセンターの前田です。

昨年のオリンピックで数々の感動をくれた、日本代表選手たち。彼らのほとんどは、企業に所属している会社員です。

サッカーや野球など、 メジャーなスポーツ選手の場合、プロ契約をしている場合が多く、年収も数千万円、中には億単位の年収の選手が多くいます。

今回、オリンピックメダルを取った競技のほとんどは、日本では「マイナー競技」と言われているものが多く、競技人口もサッカーなどに比べると、 少ないのが現状です。

1024-002参照元:毎日JP

しかし、どうでしょう。今回活躍したバトミントンや卓球など、普段あまり目にしない競技でも、サッカーや野球に負けないくらいの感動と興奮を、私たちに与えてくれたのではないでしょうか。

スポーツをお金で見ることは少し卑しいかもしれません。しかし自分の肉体一つで、 世界と戦っている選手たちには、それに見合った収入があるべきだと思います。

オリンピックで日本人初の快挙を目指した吉田沙保里選手や伊調馨選手、体操個人総合2連覇、団体金メダルの、内村航平選手など、世界中からリスペクトされている選手が、 年収1000万円(CMや賞金を除く)も貰えていないのは、少し残念な気持ちになるのは私だけでしょうか。

1024-003参照元:毎日JP

マイナーな選手たちの多くは、自分たちの活躍が、子供たちに夢を与え、ひいては競技の普及に繋がると考えて、試合に臨んでいます。

私たちジェイネットストアでは、競技を問わず、売り上げの一部を、 青少年の健全な育成のために使わせて頂いています。

希望チームへの栄養サポートをはじめ、健全運営ができるよう、微力ながらスポンサリング活動をしています。未来のオリンピック選手の卵たちの練習環境の整備や、ユニフォームの提供など、継続的な支援をして、応援させて頂いています。

その活動報告は随時フェイスブックやブログ、Twitterなどで発信しているので、お時間のある時にのぞいてみて下さい。