MSAから「世界」へ…海外長期留学選手のご紹介

2013年に設立された「MASAKI SPORTS ACADEMY」、設立から6年足らずのスクールでありながら、多くの選手をJ下部組織・地域の強豪チーム・JFAアカデミー等へ輩出しています。

選手の進学先を宣伝していないにもかかわらず、このスクールは口コミやSNSで意識の高い選手、保護者さんの支持を受け、車で片道1時間半の道のりを通っている選手もいるほどです。

平川正城代表はサッカー技術だけではなく「カラダ機能の向上」や「食育」にも力を入れており、2018年よりジェイネットストアの「トータルアップ」もチーム導入されています。

さらに「MASAKI SPORTS ACADEMY」では世界へ挑戦できる環境が整っており、毎年選抜選手の世界大会派遣やスペインカンテラ(プロ下部組織)チームへのトライアウトも開催しています。

今年もFCバルセロナやレアルマドリードが所属するラ・リーガ一部リーグのレバンテUDセレクションを開催し、セレクションに集まった120名の中から7名のMSA戦士が8月16日からスペインレバンテUDカンテラのトレーニングに参加しています。

レバンテUD

創設1909年のスペイン・バレンシアに本拠地を置くサッカークラブチーム。リーガ・エスパニョーラのプリメーラ・ディビシオン(1部リーグ)に所属する。

スペインで2週間のトライアウト後、世界中からレバンテUDのトップチーム昇格を目指し、日々トレーニングや試合にて強化を行なっているインターナショナル下部組織へチャレンジできる選手が決まります。

※トレーニング終了後、クラブ側との交渉が入る場合はMSAが間に入りマネージメントを行ってくれます。また長期留学となる場合は、MSA提携インターナショナルスクールに入学できます。

MSAから世界へ挑戦する選手たち

9月に入りMSA選手の中からスペインにトレーニングの場を移し世界挑戦する選手が決まり始めました。MSA「公式FaceBook」9月9日の発表によると、【MSA長期留学選手決定のお知らせ】として以下の2名がスペイン留学決定しています。

片山博翔 選手 (AC.Libera Kahoku)
※2019年9月から12ヶ月間を予定※

佐野豪 選手 (清水エスパルスSS駿東)
※2019年10月から9ヶ月間を予定※


佐野豪選手についてはMSA公式FaceBookにトータルアップを持った写真が掲載されていたので、記事と共に共有させていただきます。以下記事内容。

トータルアップのサポートを受けているMSA選手であり、清水エスパルスSS駿東に所属をする佐野 豪選手。現在、スペインのバレンシアにて行われている「MSAレバンテUDプレーヤーズテスト」にて海外へ渡り奮闘中。

まだまだ、身体が細く、世界基準で見るとフィジカル面にて強化が必要だが、通常の食事とプラスαでトータルアップを摂取し、体づくりに励む。引き続き、佐野 豪選手の活躍に期待してください。


片山選手、佐野選手は既にスペインで入学する学校も決定し、出国に向けて最終準備を行なっているとの事です。両選手はMSAが提携する世界規模のフットボーラー養成プログラムを展開している「Spanishprofootball International Academy(SPF)」に、MSA選手限定の特別プログラムが用意されています。

これに伴い、スペインでの生活だけでは無く、MSAから挑戦する選手達はSPFのトレーニングにも参加しながら、その選手のベストなタイミングを計りスペインのビッグクラブに挑戦することができます。

今後の両選手の活躍に期待ですね!

また、MSAでは2020年度の「LEVANTE UDプレーヤーテストプログラム2020」「COPA CELTA 2020」のセレクションを、2019年9月28日(土曜日)に神奈川県横浜市にて開催します。詳しくは下記リンクからご確認ください。

▼MSA WORLD SELECTIONはこちら▼
「世界」を目指す小学校6年生〜中学校3年生を求む!世界のビッグクラブへ

最後に

国内のスクールだけでなく世界挑戦のキッカケも提供する「MASAKI SPORTS ACADEMY」代表の平川氏は、以前弊社サイトでもご紹介したインタビュー動画でもジュニア世代から世界を見る必要性について語っておられました。

今年のレバンテUDテストプログラム開催中の8月28日公式FaceBookでも、世界のサッカーについて投稿されていたので最後に共有させていただきます。

【MSA選手達は弱肉強食の世界をリアルに痛感】

8月16日からMSA選手達がスペインリーグ一部「Levante UD」のカンテラ(下部組織)に合流をして、トレーニングを行なっております。

現地、8月28日のPMはレバンテUDオフィシャルトレーニング施設がある「Buñol」の街にて、世界的に有名なお祭り「LaTomatina.travel(トマト祭り)」が行われる関係で、レバンテUDはアウェイでのトレーニングマッチとなります。

レバンテUDに所属している選手達の中から、実力やコンディションなどの良い選手達がクラブから招集され、選ばれた選手達だけが、クラブハウスに集まりアウェイゲームに出発していきます。

プロ選手達と同じスケジュールをMSA選手達は、目の当たりにして、スポーツ界での厳しさなど、リアルな体験をする事が出来ています。日本から参加しているMSA選手達の中でも、各選手達の評価がまばらになってきました。

日本ではスポーツ界に限らずですが、競争があると個々に「差」が生まれ、その「差」が大きくなり皆が平等では無くなると変な方向に向かってしまい、その先にいじめなどへ繋がると言うネガティブな考えが一部に存在し、この「差」が生まれてしまう環境を拒み、否定してしまう事が教育面などでも良くあります。

海外のスポーツと日本のスポーツにおいて、大きな「差」が生まれているのは、日々のスポーツクラブが選手達に与える試練と、その逆境に応えようとする選手達のハングリー精神、ストイックな取り組み、低い年代からのプロフェッショナルな意識があるからこそ成り立ち、国技スポーツレベルが飛躍的に向上していきます。

今回の海外遠征は、多くの企業様が日本国内で展開されている全員が均等に評価をされて楽しく終わる「ゲスト」の扱いでは無く、日本人プレーヤーとしての「価値」を評価される新たな形のトレーニング参加型セレクション。

現時点での実力や人間性を評価されていきます。そこに年齢は関係ありません。ビッグクラブが行う弱肉強食の世界を目の当たりにしたMSA選手達は、各々と様々な感情が湧いているはず。

その感情を大切にしてもらいたい。

画像参照元:MASAKI SPORTS ACADEMY公式FaceBook

「世界基準の選手を育てる」MSA 平川正城代表 インタビュー

2018年10月2日

中学生、高校生向けサプリメント

子供の成長に不安のある親御さんや、多くのクラブチームにも導入されている「砂糖、人工甘味料、着色料、保存料」無添加サプリメント「トータルアップ」
小学生アスリート向けサプリメント

真剣にスポーツをしている小学生アスリートの親御さんや、クラブチームにも導入されている「砂糖、人工甘味料、着色料、保存料」無添加サプリメント「ジュニサプ」

3 件のコメント