姿勢が悪いと背が伸びない?猫背と子どもの成長の関係

姿勢が悪いと背が伸びない?猫背と子どもの成長の関係

子どもの成長はさまざまなことに影響を受けると言われています。
子どもの姿勢が悪く猫背だと身長が伸びにくくなるという話はよく耳にしますが、果たして本当に猫背だと身長が伸びにくくなってしまうのでしょうか。

■身長はどう伸びる?

身長が伸びるということを簡単に説明すると、古い骨が一度破壊され新しく大きな骨に生まれ変わることで、骨自体が成長し身長が伸びていくというのが基本的なメカニズムです。
何らかの原因で骨の破壊と再生が阻害されてしまうと成長が鈍化してしまい、身長が伸びにくくなってしまいます。

例えば成長期に骨を作る栄養素であるカルシウムが極端に不足してしまうと骨の健全な形成が阻害され、本来伸びるべき身長に満たないレベルで成長がストップしてしまうことがあります。

■猫背は身長に影響するか

猫背と身長はやはり少なからずは関係があり、猫背であり続ける期間が長ければ長いほど、身長が伸びるポイントとなる骨に良質な栄養分を送ることが難しくなります。
お子様の成長を見守る中で、猫背にならないように育てていくことが、身長を伸ばすためには重要なポイントとなります。

■猫背によって起こる筋肉の妨げが成長を抑える

猫背は身長の伸びを抑えてしまう直接的な原因につながるだけではなく、それが原因で引き起こされる体の不調が間接的に子供の成長に影響を及ぼす可能性もあります。
猫背のように悪い姿勢で生活していると、本来かからないはずの負担が体の各所に発生します。

例えば頭の重さは本来背骨を中心に全身で支えられるものですが、猫背だと首と肩だけで頭の重さを支えなければならなくなります。
首から肩にかけての筋肉に過大な負担がかかり肩こりや首痛を引き起こしてしまうのです。
肩や首の痛みは健全な運動を阻害する原因になるため、全身の筋肉の成長を妨げてしまう可能性があります。

体を支えるべき筋肉が十分な力を発揮できなければ骨の成長に対して支えるべき筋肉がついていかず、身長の伸びを悪化させてしまう可能性があります。
姿勢の歪みが筋力の歪みを引き起こすことで身長の伸びを妨げる可能性は十分考えられますから、子どもの猫背は早めに矯正し正しい姿勢を身につけさせることが大切です。

■姿勢の歪みの早期解消が身長の伸びを助ける

姿勢の歪みの早期解消が身長の伸びを助ける

猫背は子どもの成長に大きく関わってくる問題といえます。
歪んだ姿勢のままで身長が伸びてしまうと歪みが固定化されてしまい、身体の矯正がさらに困難になってしまいます。
最悪の場合骨が変形してしまう可能性もあるので姿勢の歪みは早期に直しましょう。


10歳~中学生、高校生向けサプリメント

子供の成長に不安のある親御さんや、多くのクラブチームにも導入されている「砂糖、人工甘味料、着色料、保存料」無添加サプリメント「TOTALUP」