小中学生の保護者必見! 子どもの集中力を高めるには?

目指すは文武両道! 中学生が部活と勉強を両立するコツ

子どもの学年が上がるほどに勉強量は増え、家庭学習の重要性も増していきます。
しかしそれと反比例するように、子どもの集中力が低下してきていると感じる保護者の方が多いのも事実です。
子どもの集中力をアップさせるためには、一体どのようなことに取り組めばいいのでしょうか?

勉強しやすい環境づくりがカギ

子どもの集中力を高めるためには、勉強のための環境を整えてあげることが大切です。
まずは一度、子どもが勉強に取り組んでいる環境を見直してみてください。
テレビやスマホ、ゲームは子どもを誘惑する代表的なアイテムです。

勉強から気をそらせてしまうものが近くにあるようなら、それを遠ざけてあげましょう。
テレビを消し、スマホやゲームは勉強すると決めた時間が過ぎるまで、親が預かっておくなどの対応をするのがおすすめです。

また、部屋の温度管理も集中力を高めるポイントのひとつ。
暑すぎず寒すぎない適温にしてあげることも、勉強の効率アップに繋がります。

体を温める食事を

体の冷えは、子どもの集中力を下げてしまう大きな要因です。
体が冷えてしまうと血液の流れが滞りがちになり、体や脳の働きも低下してしまいます。
そのため、食事などで体が冷えないよう対策してあげることも重要になります。

食事は、子どものコンディションを管理するうえで欠かせないポイントです。
冷たいものを少なめにし、根菜やショウガなど、体を内側から温めてくれる食材を使ったメニューを多く取り入れてあげましょう。
バランスのいい食生活を心がけるとともに、ストレス解消に繋がるようなおやつなどを用意してあげるのもおすすめです。

適度な声掛けでやる気もアップ!

適度な声掛けでやる気もアップ!

子どもが小さなうちは、親が積極的に声かけをして勉強を促すというご家庭も多いですよね。
しかし子どもが大きくなれば、こまめな声掛けがかえって逆効果になってしまうことも珍しくありません。
子どもの集中力を効果的に持続させ、なおかつストレスにならないような声掛けを行ってあげてください。

「○分まで頑張ろう」
「わからないところがあれば聞いてね」というような軽い声掛けで十分です。

子どもの様子を見ていて、集中力が途切れてきたなと感じたところで声をかけてあげるようにしましょう。
また、親の思うように勉強をしていないからといって怒ってしまえば、集中力が途切れるだけではなく、やる気まで奪ってしまう可能性もあるため注意してください。

いかがでしたか?
子どもの集中力低下を心配されている方は、今回ご紹介したポイントを参考にサポートしてあげてくださいね。
また、集中して勉強した後はやりたいことを存分にやらせてあげるということも、今後の意欲的な学習に繋がりますよ。


10歳~中学生、高校生向けサプリメント

子供の成長に不安のある親御さんや、多くのクラブチームにも導入されている「砂糖、人工甘味料、着色料、保存料」無添加サプリメント「TOTALUP」