病気の可能性もある? 子供の身長が伸びない3つの原因

病気の可能性もある? 子供の身長が伸びない3つの原因

「うちの子、周りの同い年の子と比べてずいぶん背が低いけど大丈夫かな……」
そんな風にお悩みのママもいるのではないでしょうか。
基本的には、子供の成長には個人差があるもの。周りの同年代の子供より少し身長が低いからと言って、そこまで心配する必要はありません。

そうは言っても、親として「どうして伸びないんだろう?」と気になってしまうのも仕方ないですよね。
そこで今回は、子供の身長が伸びない原因として考えられるものを3つご紹介します。

身長が伸びない原因1:遺伝によるもの

パパとママのどちらかもしくは両親ともに背が低い場合、お子さんの身長も低くなりやすい傾向があります。

身長の高さが程度遺伝的要因にある程度影響を受けることは医学的にも認識されています。
ただし、親の身長が子供の身長にどの程度影響するかについては、まだはっきりと分かっていません。
両親ともに身長が低くても、子供の身長は平均以上というケースも多く見られます。

また、日本人の平均身長が終戦直後と比べて男女ともに10センチ前後伸びていることを考えれば、
身長を決めるのが遺伝的要因だけではなく、食生活など環境的な要因も大きく影響していると言えるでしょう。

身長が伸びない原因2:病気によるもの

病気が原因で身長が伸びないというケースもあります。
子供の発育を促し、骨を成長させるために必要になる「成長ホルモン」「甲状腺ホルモン」が、ホルモン分泌異常や甲状腺機能低下などによって不足しているケースや、
骨や軟骨の異常によるケース、内臓疾患により栄養不足となっているケースなどが考えられます。

これらはそれほど多いケースではありませんが、病気が原因ならば早めに治療を受けることで身長を伸ばせます。
お子さんの身長が平均身長をかなり下回る場合などは、念のために医師に相談してみることをおすすめします。

身長が伸びない原因3:環境や生活習慣によるもの

身長が伸びない原因3:環境や生活習慣によるもの

先述の通り、遺伝や病気が原因となって身長が伸びないお子さんもいますが、こうした要因にあてはまらないケースも多いです。
この場合は、食事や運動、睡眠などといった生活習慣や、ストレスなどが原因になっていると考えられます。
この部分については、ママやパパが普段から気を配って改善していくことが可能です。

カルシウムをはじめとするミネラル類や、ビタミン類、たんぱく質、脂質、炭水化物といった身体をつくる栄養素を食事からバランス良く摂ること、
良質な睡眠によって成長ホルモンの分泌を促すこと、適度な運動によって骨や筋肉を刺激し発育を促すことなどを意識してあげてください。

以上、子供の身長が伸びない原因として考えられるものを3つご紹介しました。
病気の場合以外、親が子供の身長についてあまり神経質になる必要はありませんが、子供の発育を促すための生活面でのサポートはできるだけしてあげたいですね。


10歳~中学生、高校生向けサプリメント

子供の成長に不安のある親御さんや、多くのクラブチームにも導入されている「砂糖、人工甘味料、着色料、保存料」無添加サプリメント「TOTALUP」