比例する? 足の大きさと背の高さの関係とは

比例する? 足の大きさと背の高さの関係とは

「足が大きい子は、将来身長が伸びる」そんな噂を聞いたことがある方も多いかもしれません。
しかしこの噂は本当なのでしょうか?
今回は「足の大きさ」と「身長」の関係について紹介していきます。

「足の大きさ」と「背の高さ」の関係

「足の大きさ」と「背の高さ」はよく関連付けられるもので、実際に身長が大きい方は足のサイズも大きいというケースはよく見られます。
ただしそれは「足が大きいから背が伸びた」わけではなく、骨の成長により手足や身長などが全体的に伸びたと考えるのが自然ですし、足の大きさにより背が伸びるという説に医学的根拠は全くないとも言われています。

またアメリカやヨーロッパなど欧米のアスリート養成システムでも、将来背が伸びるかどうかは重要な判断基準のひとつとなっていますが、「足の大きさ」を将来の身長を予測する条件として挙げている国はありません。

また中国や韓国でも「足の大きさ」と「背の高さ」に関係があるとは全く認識されておらず、中国では「足の小ささ」は美人の条件として挙げられるため、高身長でも足が小さな女性がモデルをしているケースが多いという事実もあります。

そのため「足が大きいと背が伸びる」という話は、日本国の中でだけ信じられ言い伝えられてきたものであると考えられます。

なぜこのような説が日本国内で言い伝えられたのか

なぜこのような説が日本国内で言い伝えられたのか

このような説が長い間日本国内で広まった理由としては、手足の骨が早く大きく成長する子供はその分背も伸びやすいのではないかという考えに基づいたものではないかと考えられます。
成長期の子供の骨は体中成長して伸びていきますので、一部を見て「成長が大きく伸びの良い子供はきっと背骨や脚全体も長く伸びていくだろう」と考えられたのでしょう。

しかし実際のところ全ての骨が均等に伸び成長していくとは限らないため、足が小さくても背が高い人や、足のサイズが大きくても背はそれほど高くないという人も多いのが現状です。
そのため子供の足の大きさに一喜一憂するのは現実的ではありません。

子供の身長のことを考えるなら、寝る時間や睡眠の質の向上・適度な運動・栄養バランスの取れた食生活など「生活習慣」を見直していく方が効果的です。
特に睡眠中に分泌される「成長ホルモン」には骨を作って背を伸ばす働きがあるため、成長期にはなるべく日中は外で体を動かして生活リズムを整えてあげましょう。

また、睡眠の2時間前くらいに入浴を終わらせるなどの工夫を行い睡眠の質を高めてあげるよう指導していくことも大切です。

ただし、成長期にあまり負荷の強い運動を行ってしまうのはNG。
過度の運動は筋肉を傷つけ身長の伸びを阻害してしまう原因にもなるため、あまり無理はさせずに軽い運動を取り入れていくと良いですね。


10歳~中学生、高校生向けサプリメント

子供の成長に不安のある親御さんや、多くのクラブチームにも導入されている「砂糖、人工甘味料、着色料、保存料」無添加サプリメント「TOTALUP」