残暑残るこの季節、食欲がなくなった時に食べやすいメニュー

AYAKA
こんにちは!管理栄養士の佐藤彩香です。残暑が残るこの時期。夏の疲れが取れないアスリートも多いのではないでしょうか。

学生は学校も始まり、スポーツと勉強の両立が始まりますね。

その中でしっかり食事を摂って頂くのが1番ですが、なかなか喉をとらない場合は、食べられる物をたべるという選択もありだと私は思います。その中で比較的食べやすく栄養があるとよりいいですね。

今回はそんなテーマでレシピ3選をご紹介します。

鶏むね肉の南蛮風ソースかけ


AYAKA
鶏むね肉は高タンパク質で脂質も少なく食欲がない時でもさっぱり食べられる動物性食品の代表例で、しっかりリカバリーできる食材です。

そこに南蛮風ソースをかけるのがポイント。更に食べやすくなります。また何よりも簡単!忙しいアスリートにもお勧めメニューです。

鶏むね肉の南蛮風ソースかけ【材料】
1~2人分
鶏胸肉 1枚
塩 少々
酒 大さじ4
おろし生姜(チューブ可) お好み
ポン酢 大さじ2〜3
ごま油 大さじ1
七味唐辛子 適量
ナスやオクラなどのお好きな野菜
~レシピ~

①シシトウは輪切り、ナスとパプリカはさいの目に切っておきます。
②鶏むね肉に厚さが均等になるように包丁をいれます。その後、全面に塩と酒とおろし生姜を肉全体に馴染ませます。
③2をジップロックに入れて、沸騰したお湯が入った鍋に入れて、火を止め、1時間放置しておく。
④その後鶏肉は、食べやすい大きさにカットします。
⑤4を皿に盛り、シップロックに残った鶏肉から出た汁とポン酢を合わせたものをかけます。お好みで七味唐辛子をかけて。
⑥お好きな野菜があれば、素揚げか素焼きして頂いて、お肉と一緒にお皿に盛り付け、南蛮ソースをかけましょう。

豆腐と鶏ひき肉の卵とじ

AYAKA
胃腸に優しい鶏ひき肉・豆腐を使った栄養補給料理。動物性たんぱく質と植物性たんぱく質同時に摂れます!

ビタミンミネラルたっぷりの小松菜も入れて食べやすいのに栄養満点です。そして簡単!ぜひ作ってみてくださいね。

豆腐と鶏ひき肉の卵とじ【材料】
1~2人分
鶏ひき肉 150g
木綿豆腐 半丁
小松菜やほうれん草 1/2束
人参 1/8本
塩 少々
こしょう 少々
★生姜 1片
★薄力粉 大さじ1
☆だし汁・・・1cup
☆薄口醤油 大匙1
☆酒 大匙1
☆みりん 大匙1
卵 1個
~レシピ~

①小松菜をさっとゆでてアクをとり3~4センチに切っておく。人参は薄くいちょう切りにしておく
②★と鶏ひき肉をボウルにて混ぜる。
③鍋に2と人参を入れ、中火にかける。ひと煮立ちしたら、食べやすい大きさにカットした豆腐と小松菜を加え、1〜2分煮る
④☆を入れて、その後お好みで塩、こしょうを入れて最終の味をつける
⑤4に軽くといた卵を回し入れ、好みの固さになるまで煮たら、出来上がり。

甘酒スムージー

AYAKA
どうしても食欲がない時に「飲む点滴」とも言われる栄養価の高い甘酒。糖質だけでなくアミノ酸やビタミンミネラルも豊富で、アスリートには強い味方です。ここにたんぱく質がしっかり摂れるヨーグルトを入れ欠食しない!
甘酒スムージー【材料】
甘酒 100g
プレーンヨーグルト 100g
バナナ 1本
レモン汁 小さじ1/2
~レシピ~
すべてをまぜて完成です。
AYAKA
以上簡単にできて、食べられそうなものを載せさせて頂きました。無理をせずこの時期を乗り切っていきましょう♪

中学生、高校生向けサプリメント

子供の成長に不安のある親御さんや、多くのクラブチームにも導入されている「砂糖、人工甘味料、着色料、保存料」無添加サプリメント「トータルアップ」
小学生アスリート向けサプリメント

真剣にスポーツをしている小学生アスリートの親御さんや、クラブチームにも導入されている「砂糖、人工甘味料、着色料、保存料」無添加サプリメント「ジュニサプ」