食欲の秋。旬のきのこを美味しく食べよう!

これからが旬の「きのこ」、アスリートに摂ってほしい栄養素がたくさん入っています。
ただ、きのこ嫌いな子が多いのも事実。無理やり食べさせるのも違うかと思いますが、比較的子供でも食べやすいメニューを考えてみました。

AYAKA
どれも私が保育園などで出したときに比較的食べてくれたものです。ぜひ参考にしてくださいね♪

「きのこ」に含まれている栄養素のご紹介

ビタミンD

日光を浴びることでできるビタミンD。きのこも、このビタミンDを含んでいます。このビタミンDは骨に必要なカルシウムの吸収を助けてくれます。強い骨をしっかり作っていくためにもビタミンDは必須のビタミンですね。

またビタミンDは免疫機能にも深く関わるものです。免疫機能を高めるためにもしっかりビタミンDを摂っていきましょう。

食物繊維

食物繊維は腸内環境をよくするうえで必要な栄養素です。発酵食品などに含まれている良い菌の餌となってくれるので、善玉菌が増えやすくなります。その食物繊維が豊富に含まれています。

キノコ入りチーズとツナのチヂミ

チヂミにすることで子供も食べてくれます。チーズやツナなど子供が好きな食材を組み合わせることが大きなポイントです。キムチは辛さが苦手な方は抜いてしまってもOK。お好みでアレンジしてくださいね。

キノコ入りチーズとツナのチヂミ【材料】
2人分
ツナ缶 40g
しめじ 30g
まいたけ 30g
玉ねぎ 50g
チーズ 30g
ニラ 50g
キムチ 50g

★薄力粉 100g
★水 100ml
★卵 1個
★鶏ガラスープの素 小さじ1
ごま油 大さじ1

~レシピ~

①しめじとまいたけは石づきを切り落とし、手でほぐします。玉ねぎは薄切りにします。ニラは2~3cm幅に切ります。
②ボウルで★の材料を混ぜ合わせ、①とツナとキムチとチーズを加えて混ぜます。
③フライパンを強火に熱し、ごま油をひいて②を流し入れ、焼きます。
④焼き色が付いたら裏返し、片側にも焼き目が付くまで中火で焼き、食べやすい大きさに切り、完成。

きのこ入り炊き込みごはん

AYAKA
ご飯と混ぜ込むことで食べくれます。お肉の味で、きのこの独特の味が気にならないと言ってくれましたよ。
お肉は豚バラ肉にするのもありです。よりお肉の油で食べやすくなる方も多いです。もしバラ肉にする場合は、フライパンに油はひかずに肉の油で炒めてあげましょう。

キノコ入りチーズとツナのチヂミ【材料】
3~4人分
豚こま肉 100g
しいたけ 3個
まいたけ 1/2パック
人参 30g
米 2合
だし汁 300ml
みりん 大さじ1,5
しょうゆ 大さじ1,5
塩 少々
米あぶら 小さじ1

~レシピ~

①お米は洗って炊飯釜に入れておきます。
②しいたけは薄くスライスして、舞茸はほぐしておきます。人参も薄くいちょう切りにします。
③フライパンに油をひき、豚こま肉と人参を中火で炒めます。ある程度火が入ったらきのこ類を入れてみりん、醤油、塩入れて更に炒めます。
④②をお米が入っている炊飯釜に移し、だし汁入れて軽く混ぜ合わせて通常通り炊飯して完成です。

AYAKA
きのこの魅力とレシピを是非参考にしてみてください♪ 味に慣れてくれば、みそ汁や炒め物などにどんどん入れ込んでいきましょう!

中学生、高校生向けサプリメント

子供の成長に不安のある親御さんや、多くのクラブチームにも導入されている「砂糖、人工甘味料、着色料、保存料」無添加サプリメント「トータルアップ」
小学生アスリート向けサプリメント

真剣にスポーツをしている小学生アスリートの親御さんや、クラブチームにも導入されている「砂糖、人工甘味料、着色料、保存料」無添加サプリメント「ジュニサプ」